ITR Insight

データレイクの導入状況と今後の方向性

執筆者: 平井 明夫 | 発行号: 2022年

DXの推進ではデータの利活用の高度化が求められる。これにはビッグデータの蓄積やサイロ化したデータの統合が必要となるが、その基盤となるデータレイクの導入はどこまで進んでいるだろうか。本稿では、ITRが実施したデータレイクの構築・運用に関する調査結果から現状を分析するとともに、企業がとるべき今後の方向性について考察する。

ダウンロード